グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 埋立事業 の中の > 二ツ塚処分場  のページです。

埋立事業

二ツ塚処分場

二ツ塚処分場は、国内最高水準の設備・システムを備えた管理型の最終処分場で、徹底した安全管理を行っています。

施設概要

位置 東京都西多摩郡日の出町大字大久野字玉の内
面積 用地面積約59.1ha
開発面積約33.3ha(埋立地18.4ha、管理施設等14.9ha)
残存緑地面積約25.8ha
埋立容量 全体埋立容量約370万立方メートル
(廃棄物埋立容量約250万立方メートル、覆土容量約120万立方メートル)
埋立期間 平成10年1月〜平成40年3月(予定)*
*この期間は政令に基づく届出の期間であり、実際の埋立完了時期を示すものではない。
埋立進捗率
(平成28年度現在)
44.7%(平成28年度 年間進捗率0.1%未満)
建設工程 処分場の建設は、防災および環境保全、埋立覆土材の確保、財政負担の軽減等を考慮し、3期に分けて実施
第1期工事:平成7年度〜平成10年度
第2期工事:平成12年度〜平成14年度
埋立状況に応じて第3期工事を実施
建設工事費 用地買収費、補償費等も含め、総額約500億円(見込み)

埋立状況

平成28年度までに、可燃ごみの焼却残さが約69万立方メートル、破砕された不燃ごみが約42.8万立方メートル、合計約111.7万立方メートルが埋め立てられました。これは全体の約44.7%に相当する量です。

第5次廃棄物減容(量)化基本計画

循環組合では、計画的に最終処分場の延命化を図るため、平成5年から4次にわたって「廃棄物減容(量)化基本計画」を策定し、組織団体に対してごみの減容(量)化を促してきました。

今後も引き続き、最終処分場を可能な限り活用し、維持していく必要があることから、「第4次廃棄物減容(量)化基本計画」の検証を行うとともに、複数の中間処理施設における更新・機能変更などの状況の変化や循環組合に求められる社会的事項等も踏まえ、新たに「第5次廃棄物減容(量)化基本計画」を策定しました。

  1. 計画期間
    平成28年度から平成32年度の5年間
  2. 計画目標
    不燃残さ:平成32年度の搬入量を平成27年度比で40%減容(量)
    焼却残さ:平成32年度の搬入量を平成27年度比で5%減容(量)

搬入・埋立管理

二ツ塚処分場への搬入・埋立にあたっては、周辺環境保全のため、徹底した安全対策を講じて飛散防止を図り、適正な埋立が行われるよう厳重に監視しています。

  1. 廃棄物飛散防止のためのセル方式・即日覆土の実施
  2. 強風時の搬入停止(10分間の平均風速5.5m/秒以上)
  3. 中間処理施設での焼却残さの加湿
  4. 搬入廃棄物の質のチェック
  5. 規定に違反した搬入団体(市町)への指導・監督
  6. 地元自治会の立ち会い

技術委員会

谷戸沢・二ツ塚処分場の建設・維持管理をはじめ、業務全般に関する技術的課題の検討・助言を行うことを目的に、5名の学識経験者からなる「技術委員会」を設置し、対策の検討や調査結果の評価等を行っています。


ローカルポリシーナビゲーションです。
埋立事業 トップ
谷戸沢処分場
二ツ塚処分場
搬入状況実績
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ