グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 広報広聴・情報提供 の中の > 夏休み処分場見学会 の中の > 平成17年度 夏休み処分場見学会レポート  のページです。

広報広聴・情報提供

平成17年度 夏休み処分場見学会レポート

〜ごみのゆくえを確かめよう〜
「夏休み処分場見学会」を実施しました。

毎年好評をいただいている夏休み処分場見学会を、8月5日(金)および22日(月)に実施しました。
午前中は、多摩地域の清掃工場でごみが焼却される様子を見学し、午後には日の出町の二ツ塚処分場と谷戸沢処分場を見学。二ツ塚処分場では室内での事業説明の後に、埋立の現場と建設中のエコセメント化施設を見学しました。その後、すでに埋立を終了した谷戸沢処分場に移動して、日の出町のボランティアである環境指導員の案内で谷戸沢記念館展示室を見学し、自然観察路を散策。自然回復が進む谷戸沢処分場では、歩きながら昆虫を探したり、野鳥観察をする子どもたちもいました。

参加者の声

参加された方々からのアンケートで以下のような意見をいただきました。

  • ごみの分別の必要性を痛感した。
  • 処分場に対しての臭い、危険、暗い、汚いのイメージが変わりました。
  • 大きな設備と細心の注意をはらっていることに感動しました。
  • 処分場跡地に草花やバッタなど自然があり驚きました。
  • ビオトープを見て自然を回復するのは大変難しいことと感じました。
  • 親子で見学できるこのような見学会を増やしてほしい。
二ツ塚管理センター研修室での事業説明写真
8月5日 二ツ塚管理センター研修室での事業説明
谷戸沢記念館展示室の見学風景写真
8月5日 谷戸沢記念館展示室の見学
 
 環境指導員の案内で谷戸沢処分場の見学風景写真
8月5日 環境指導員の案内で谷戸沢処分場の見学
谷戸沢処分場の自然観察路を散策風景写真
8月5日 谷戸沢処分場の自然観察路を散策
 


ローカルポリシーナビゲーションです。
広報広聴・情報提供 トップ
たまエコニュース
ご意見・ご質問
裁判レポート
すでに確定した裁判
その他の訴訟
二ツ塚処分場の土地収用・代執行の経緯【PDF:11KB】
夏休み処分場見学会
災害廃棄物の受け入れ
多摩川衛生組合関連
住民監査請求
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ