グローバルナビゲーションです。
循環組合とは 埋立事業 エコセメント事業 広報広聴・情報提供 環境保全 小学生のみなさんへ 事業者の皆さまへ

HOMEに戻る。 │ 現在のページは > 広報広聴・情報提供 の中の > 夏休み処分場見学会 の中の > 平成29年度 夏休み処分場見学会レポート  のページです。

広報広聴・情報提供

平成29年度 夏休み処分場見学会レポート

「夏休み処分場見学会」を8月4日(金)と18日(金)に実施し、親子69組を含む156名の方々にご参加いただきました。

各施設で説明員の話に、熱心に耳を傾けている参加者の姿や、谷戸沢処分場での昆虫観察で、笑顔あふれる子どもたちが元気に虫たちを追いかける姿が印象的でした。

今年度は募集人数以上の応募がありました。参加できなかった方には大変申し訳ございませんでした。来年度も開催する予定ですので奮ってご応募ください。

見学会のコース

集合(※1)

中間処理施設見学(※2)

日の出つるつる温泉で昼食

二ツ塚処分場(エコセメント化施設、処分場外周見学)

谷戸沢処分場見学

日の出町ふれあい農産物直売所

集合場所に戻り解散

8月4日(金):(※1)JR八王子駅付近(※2)戸吹クリーンセンター
8月18日(金):(※1)JR立川駅付近(※2)多摩ニュータウン環境組合

参加者の声

参加された方々からアンケートで以下のような声がありました。

  • 最終処分場を見学出来て、改めてごみを減らさなければいけないと思いました。(50代)
  • 大人にも子供にも楽しめ、勉強になった。普段考えることのない処分場の問題など考えさせられた。(40代)
  • 私たちの生活の一番身近なごみの処理を目の当たりにし、日頃よりもっと関心が高まりごみに対する大切さがしみじみと感じられました。(40代)
  • 焼却灰をエコセメントにしているのを初めて知りました。処分場では、環境に配慮した取組みをしていて素晴らしいと思いました。(40代)
  • どのようにごみが燃やされて、また再生されるのかよくわかりました。(小学生)
  • 焼却灰がエコセメントになることを初めて知りました。すごいなと思いました。(小学生)
戸吹クリーンセンター
大きなごみクレーンに驚く子どもたち
多摩ニュータウン環境組合
職員の説明を熱心に聞き入る参加者
エコセメント化施設見学者ルーム
模型の前でエコセメントができるまでの説明を受ける様子
谷戸沢処分場
谷戸沢環境指導員から虫たちの解説に楽しそうな子どもたち
 


ローカルポリシーナビゲーションです。
広報広聴・情報提供 トップ
たまエコニュース
ご意見・ご質問
裁判レポート
すでに確定した裁判
その他の訴訟
二ツ塚処分場の土地収用・代執行の経緯【PDF:11KB】
夏休み処分場見学会
災害廃棄物の受け入れ
多摩川衛生組合関連
住民監査請求
東京多摩地区のゴミ処理について勉強しよう
循環組合が発行している広報誌 「たまエコニュース」が閲覧できます
メインコンテンツのトップへ

ページトップへ